商業施設情報(国内・アジア)

Tenant

横浜駅きた西口鶴屋地区市街地再開発(2021年度)

オープン予定時期 2021年OPEN予定
所在地
横浜駅 きた西口
面積
80,000 m²
デベロッパー
相鉄不動産・東急電鉄
構造
B2F-44F
最寄り駅

本計画の特徴

○交通結節点としての機能に加え、地域コミュニティの交流の場となる、明るく開放的な
アトリウムをつくります。また、アトリウムを象徴的に際立たせたファサードデザインにする
など、横浜駅の新しい顔をつくります。
○歩行者ネットワークの形成、エリアマネジメント組織への参画など、街との繋がりを積極
的に図ることで、横浜のエリア価値を向上します。
○先進的な環境への取り組み、災害時を想定した防災センター・地域総合防災拠点の
整備など、環境・防災に配慮します。

詳細はこちら

Prev

横浜駅西口開発ビル(鶴屋町棟)(2020年初夏)

Next

北仲通北再開発等促進地区地区計画 A-4 地区計画(2020年1月)

お役立ち資料

資料請求

MJYの会社概要、費用、サポート内容についての資料はこちらから。